仕事の悩み

ホステス&キャバ嬢あるある…休日デート・店外デートの断り方とは?

ホステス業の一番の肝となるのが、お客様との疑似恋愛です。

どんなに口では「その気はない」と言っていても、男と女である以上、相手の男性は「あわよくば」と思っていることを前提に考えなくてはなりません。

今回はホステスが必ずと言っていいほどあたる「休日のお誘い」「店外デート」についての対処法をご紹介します。

ホステス・キャバ嬢ならば必ず通る道「休日・店外デートのお誘い」

ホステスとお客様が、お店の外で会うことを「店外デート」と呼びます。特にキャバクラなどでよく使われる言葉です。

出勤前にお客様と会い、お店にお連れするのは「同伴」、仕事の後にお客様ともう一軒行くのは「アフター」と呼ばれ、店外デートとは区別されることが一般的。

つまり、ホステスやキャバ嬢が休みの日や、デートの後に来店する予定もないのに、仕事抜きにしてお客様に会うことを指します。

当然ながら、金銭的なメリットは発生せず、成績にも関係しないため、多くのホステスは気乗りがしないことでしょう。

それでも、ホステスをしているとこうしたお誘いは一度は受けるもの。ホステスにとっては当たり前の「あるある」です。

ホステス・キャバ嬢が休日の店外デートを断るかどうかは本人次第

店外デートについては、行くべきか・断るべきかは、お店の状況や、個人の考え方に大きく左右されるものです。

ホステス・キャバ嬢が休日・店外デートのお誘いを断らなくてはいけない場合&注意が必要な場合

まず、担当や係が決まっているお客様の場合は、行くにしても断るにしても、必ず担当に相談するのが良いでしょう。

担当のホステスやママからすると、自分のお客様を身内に「取られる」リスクがある行為だからです。

特に、担当が知らないうちにふたりきりで会われ、なにかトラブルに発展してしまうと、その後お客様がお店に通いにくくなってしまう可能性もあります。

お客様がそういったホステスやママに、「内緒にしてくれ」と頼む場合もありますが、それはやましいからこそ。

内輪での揉め事やトラブルを招く前に、必ずホステス間での報告はし、筋を通すようにしましょう。

また、外で会って報酬をもらい、店には呼ばないようなことになってしまうと、いわゆる愛人関係やパパ活と変わりません。

これもお店への不義理とみなされてしまいますので、避けるようにしましょう。

「ホステス・キャバ嬢は休日・店外デートを断るべき」という考え方について

長くホステスをしている人でも、「よほどの理由がない限り休日の店外デートは断るべき」という信念を持っている人もいます。

これは、「外で会うと店に呼べなくなる」という発想に基づいていることによります。

特に、女性を口説きたい色恋系のお客様の場合、外で気軽に会えると思われると、「わざわざ店に通って高いお金を払わなくても…」と店に行くのを渋られるようになりがちだからです。

あくまでホステスは、疑似恋愛を提供する仕事のプロ。

休日の店外デートの誘いをうまくかわしながら、お店にお呼びするのは腕の見せどころでもあります。

また、休みの日にまでお客様と会っていては、気持ちも身体も疲れてしまいます。自分をいたわり、無理をしないことも必要です。

ただし、こういった考え方のホステスでも、特別な場合には外で会うことも多いようです。

それは、何らかのイベントごと(スポーツ観戦、グループで行く旅行やレジャー)や、ゴルフなどのアクティブなスポーツというようなものです。

また、付き合いの長い馴染みのお客様であれば、日頃の感謝の意味も込めて、休みの日であろうがごく普通に会うという場合もあります。

「ホステス・キャバ嬢は休日・店外デートのお誘いに行くべき」というホステスの考え方について

すべてのお誘いに乗るわけではなくても、場合によっては行くべきという考え方のホステスもいます。

先の項で書いたような、馴染みのお客様はもちろんのこと、出会ったばかりのお客様でもそのように判断することもあります。

これは「まずはふたりでゆっくり話して楽しんでもらって、次からはお店に来てもらおう」という関係づくりの発想からです。

完全オフの日ではなく、その後に出勤する場合などは、運が良ければそのまま同伴に持ち込める可能性もあります。

気に入ってもらえるかどうかはまずは親しくなってから、と思うのであれば、戦略的に店外デートのお誘いに応じるのも良いでしょう。

ただし、あまりにも何度も簡単に外で会ってしまうと、それこそ来店しなくなってしまいますので、頻度やタイミングには注意が必要です。

そもそもホステス・キャバ嬢を休日の店外デートに誘う男性の心理って?

そもそも、店外デートに誘う男性の心理にはどのようなものがあるのでしょうか。

ホステス・キャバ嬢を休日の店外デートにホステスを誘う男性心理:お金をかけずに落としたい

これは新規OKのリーズナブルなキャバクラに来店する、比較的若いお客様に多いのですが、夜のお店を完全に「彼女探しの場」だと思っているひとに起こりがちです。

もちろんホステス側としては、お客様の中でまれに交際に発展するひとがいたとしても、基本的には仕事でしかないわけですが、なぜかこういう男性は「ホステスも彼氏を探している」「ホステスなのだからすぐに落とせる」と思い込んでいたりします。

こういう人が店外デートに誘う時の発想としては、「お店に通ったらお金がかかる。お金をかけずに落としたい。俺と遊んでくれたら、お店でかける分のお金で、美味しいものでもご馳走するのに」というようなものです。

こういうお客様は、単に飲み慣れておらず、遊び慣れていないだけとも言えます。

場合によっては、足繁く通うお客様に変わる可能性もあるので、店外デートの誘いに応じるのもアリではあるものの、正直なところお客様として通っていただく望みは薄いでしょう。

また、休日のたびにこの手の誘いに乗っていてはキリがありません。上手に断りつつ、可能であればまずは来店へ促すのが良いでしょう。

ホステス・キャバ嬢を休日の店外デートにホステスを誘う男性心理:本気で彼女にしたい

お店にも何度か通ってくれ、それなりにお金を落としてくれて、なおかつ休みの日にも会いたいというお客様もいます。

こういう人は、多くの場合はホステスの熱心なファンで、本気で落としたいと思っています。

「◯回通ってやったんだから、そろそろプライベートで会ってくれてもいいだろ。俺は金ヅルか?」という心理が働いていたりします。

こういうお客様を断る場合は、それなりに注意が必要です。

下手な断り方をすると、気持ちが離れてしまうだけならまだしも、逆上してトラブルになる可能性もあるからです。

ホステス・キャバ嬢を休日の店外デートにホステスを誘う男性心理:愛人にしたい

同じお金をかけるなら、お店に払うのではなく、ホステス本人に払って、割り切った関係を築ける愛人として囲いたい、という場合もあります。

これを受けるかどうかはどこまでいってもホステス次第。

ただし先に書いた通り、状況によっては店から不義理を責められることにもなりかねませんので、慎重に行動しましょう。

単に関係性を深めたい馴染みのお客様もいる

お店に足繁く通ってくださり、信頼関係もあるお客様であれば、自分の気持ちや体力に無理がない限り、店外デートに応じるのも良いでしょう。

こういったお客様の場合、外で会ったからといって、その後の来店頻度が変わるわけではありません。

日頃の感謝を込め、これからも長い付き合いをするために、という気持ちで行きましょう。

【タイプ別】ホステス・キャバ嬢が休日・店外デートに誘われたときの上手な断り方

休日デートのお誘い・店外デートのお誘いの断り方は、タイプによってコツが異なります。

ホステス・キャバ嬢が休日・店外デートのお誘いを上手に断る方法:お金をかけずに落としたい場合

こういったタイプのお客様には、「出会ったばかりのお客様とは、外で会わないようにしている」とはっきり言ってしまっても良いでしょう。

「もう少しお店で会ってから外で会いたいな」や、「お店の外で会うとお店から怒られちゃうから。同伴やアフターなら良いのだけど…まずはお店に来てもらえないと」などと、言い回しを工夫するのも良いでしょう。

「会うのはお店に来店してくださっている方から優先にしている」と言うのもひとつです。

夜のお店はあくまで、ホステスは給料をもらってお客様を楽しませているのだということを知ってもらい、ルールを伝えてみて、様子を見るのが良いと言えます。

ホステスが休日・店外デートのお誘いを上手に断る方法:本気で彼女にしたい場合

こういったトラブルになりえるお客様への、角が立たない断り方としては、「休みの日も忙しい」という設定をつくってしまうことです。

何か目標があって勉強している、ダブルワークをしている、家庭の事情…など、「休みの日もなかなか時間がとれない」と言うのが良いでしょう。

どうしても、という場合には、昼間の数時間、お茶やランチだけなど、「忙しい合間になんとか時間を作った」というシチュエーションを作って会うのがおすすめです。

ただし、設定をつくるには、うわべだけだと話の中でボロが出てしまいがちです。なるべく綿密に設定をつくりましょう

いまはナイトワークだけしかしていない、という人も、昔していた仕事のことを話すなど、リアリティのある設定にしてみましょう。

ホステス・キャバ嬢によって休日・店外デートのお誘いへの対処は違う

一言で店外デートといっても、さまざまなシチュエーションがあり、対応も正解がどれということも言えません。

一番は自分の負担がなるべく少なく、無理せずに長く仕事を続けていくことなので、相手によって対応を変えていくのが良いでしょう。

同伴時のホステスの心得とは?同伴のルール・服装・断り方もホステスの仕事のひとつである「同伴」。はじめて間もない人には、どうするのがマナーかわかりかねる人も多いのではないでしょうか。 今回...
ホステスは必ずアフターに行くべき?タクシー代はどうする?ホステスとして働く上で、同伴と同じくらいどのようにしたら良いのか迷うのは、「アフター」でしょう。 今回は特にアフター後の帰りの手段...
スーパーヘルプからナンバーワンへ-キャバ嬢・ミサキさんの接客ノウハウをご紹介【シリーズ・十人十色】さまざまなエリアや働き方をご紹介していく本企画。今回のお相手は、キャバクラでナンバーワンを獲得するなどして活躍し、現在は昼間の営業職に注...
Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019 Nadeshico