仕事の悩み

ホステスとして働くときの会話術:基本のトーク&会話のコツ

ホステスの最大の仕事は、会話を通して相手を楽しませること。

初対面の相手と会話するのは、いつになっても緊張する…という女性も多いはずです。

まして初めてのナイトワークならなおさら。

この記事では、ホステスにこれからなる女性・なりたての女性に対して、ごく一般的な観点からの仕事の仕方をご紹介します。

ホステスの会話術&コツ:基礎の上に個性を乗せる

まず、大前提として、ナイトワークでの接客に、「必ず」という正解はないということを心得ておきましょう。

ホステスにも色々なタイプの女性がおり、それぞれ違った魅力を持っているからこそ、お客様を強烈に惹きつけられてもいます。

他のホステスとの差別化を図ったり、自分らしくのびのびと接客していく方法は、経験とともに身につくもの。

この記事では、あくまでも基礎としての、一般に通じる会話術のみをご紹介します。

個性的なホステスの仕事の仕方は、あくまで例外として捉えてください。

慣れてきたらここに自分なりのアレンジを加えてみると良いでしょう。

ホステスの会話術&コツ:話の主役はお客様

ホステスに限らず、接客業においては「8割聞いて2割話す」という表現が使われることがあります。

ホステスにおいては、必ずしもその分量の会話をするという意味ではなく、要は「主役はお客様であることを忘れない」ということです。

一見、社交的に見える「よく話す」女性も、自分の話題ばかりを話していると、接客業では敬遠されがちです。

あくまでも自分に関する話は「聞かれたら話す」こと。

また、「この会話をより盛り上げるために」スパイスとして自分の話を織り交ぜていくのが良いでしょう。

気を遣う男性は、女性に話す場を与えてあげることも多くありますが、それではむしろ男性を疲れさせてしまうというもの。

接客が終わった後に「よくしゃべったなぁ」と自覚してしまうときは、むしろ自分がおもてなしされたと考える方が良いかもしれません。

ホステスの会話術&コツ:否定を入れない

これはホステスとお客様という関係のみならず、全ての人間関係にいえることですが、良好な関係を築きたいと思うならば、「会話を肯定的にすすめること」を意識しましょう。

会話の中で、お客様と自分の意見が食い違ったとしても、それを否定的に返さないようにします。

たとえば、

「俺はあの女優が好きなんだよね」

というお客様に、

「えー?わたし嫌い!演技下手くそじゃん」

などとと返しては、話の腰も追ってしまう上、お客様は価値観を否定された気持ちになり、空気も悪くなってしまいます。

同じような場面でも

「そうなんですね!どういうところが好きなんですか?」

などと、会話を広げていくようにするのが良いでしょう。

決して嘘をつくというわけではなく、たとえば、「君はどう思う?」と聞かれた時に、控えめな物言いで

「実はわたしはあまり、良い印象を持っていないんです。でも、そんな見方もあるんですね」

などと返せば、波風も立ちません。伝え方とタイミングを意識しましょう。

ホステスの会話術&コツ:敬語を使う

時間をかけて信頼関係を作ったお客様や、恋人気分を味わいたいお客様には、多少くだけた表現をするのも良いでしょう。

しかし、知り合って間もない方、まして初対面の相手であれば、言葉の選び方は慎重にするのが無難です。

きっちりしている子だな、という印象を最初に持ってもらうことで、損をすることはありません。お客様や先輩ホステスのはからいで、接待の席での指名をもらえる可能性も高くなります。

自分がお給料をいただけているのは、お客様がたのおかげ、という気持ちを持って、丁寧に接するよう意識してみましょう。

また、入りたての頃は、先輩ホステスのお客様や、お店についているお客様に対して接客することになります。

日頃お世話になっている方々の顔を立てることを意識することはとても大切です。

また、結果的にお店や先輩との関係もより良くなっていくでしょう。

ホステスの会話術&コツ:NGな話題

話の中で、お客様が自ら話すようであれば構いませんが、ホステスから積極的に、お客様の家庭や仕事の話を尋ねるのは控えた方が良いでしょう。

家庭や仕事のストレス解消のために、訪れているお客様もいるからです。

家庭や仕事の愚痴や弱音が出てきた場合は、先に書いたように肯定的に受けとめると良いでしょう。

また、政治や宗教、思想についての話題も、自ら話すことは賢明とはいえません。

お客様の話を聞くにとどめておくのが良いでしょう。

なお、NGな会話については、こちらの記事で詳しく紹介しています。

ホステスの会話術:NGトーク&会話のコツまだホステスをはじめたてでわからないことも多い…という女性にとって、お客様との会話では悩む場面もあることでしょう。 今回は、前回ご...

ホステスの会話術&コツ:副業であってもプロ意識を持つ

昨今、ダブルワークのホステスがどんどん増えています。

そういう女性があらゆる意味で落とし穴にハマりやすいのが、昼間は他の仕事をしていることで、ホステスを副業と捉えすぎてしまうということです。

たとえ昼間に、どんなに肩書きのある仕事をしていたとしても、先のお客様の欲求を満たすことができなければ、ホステスとしては「仕事ができない」とみなされてしまいますし、実際に成果も得られません。

あくまで、副業だとしても、プロ意識を持って取り組むことが大切です。

また逆に、自分にたとえ肩書きがなくても、コンプレックスに感じることは全くありません。

お客様は、ホステスが昼間、なんの仕事をしているかということを、意外と気にしていないものです。

あくまでも、お客様は

「ホステスとしての◯◯ちゃん」

に会いたくて来る、ということを心得ておくのが良いでしょう。

ホステスの会話術&コツまとめ

夜のお店に来店する男性は、なんらかの「欲求」を持って来ると心得ましょう。

その欲求は、「自分を大きく見せたい・自分がすごい人だと思いたい」という承認欲求のこともあれば、「女性と仲良くしたい・癒されたい」という欲求のこともあります。

中には、日頃のいらだちや悲しみを誰かにぶつけたくて…というケースさえあります。

これらの欲求を満たすのがホステスの仕事であり、高い時給の理由です。

「自分が気持ちよく働けるかどうか」というよりは「相手が気持ちよく帰るかどうか」に焦点をあてると、お客様の満足度が高まります。

先に書いたように、お客様は「話す」ことでそれらの欲求を満たそうとしている場合もままあります。

「お客様は今日、どんな話をしたいのか」を意識して会話を進めていくことが、お客様の満足度を高めることになります。

ホステスとして働く:持ち物・ドレス編「ホステスの仕事に興味がある!けれど、実際の仕事はどんなもの??」と不安に感じる女性もいるでしょう。 この記事では、一般的にどのよ...
ホステスとして働く:接客編「ホステスの仕事に興味がある!けれど、実際の仕事はどんなもの??」とイメージがわかない女性もいるでしょう。 この記事では、一般的に...
ホステスとして働くときの会話術:基本のトーク&会話のコツホステスの最大の仕事は、会話を通して相手を楽しませること。 初対面の相手と会話するのは、いつになっても緊張する…という女性も多いは...
Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019 Nadeshico